徳島県の札所・一番札所〜二十三番札所・旅日記

三番札所・金泉寺(こんせんじ)

2008_09sikoku3_03.JPG
三番札所・亀光山 金泉寺(こんせんじ)

住所・・・徳島県板野町大寺亀山下66

【ご本尊】釈迦如来
【ご真言】のうまくさんまんだぼだなんばく
【ご詠歌】極楽の宝の池を思えただ黄金の泉すみたたえたる

(2番札所から約2.5km)
二番札所から車で5分くらいでしょうか。
一番札所から三番札所まではとても近いと感じました。

既に二番札所で夕方5時でしたので、お参りだけで
納経所は閉まっておりました。
ここもまた再度礼拝に行こうと思っています。
(ここまでが昨年行った時の話でした)

こちらも今回行ってまいりました。

三門の左に鐘楼があります。
右には、八角観音堂があります。

近くに、黄金地蔵尊堂があり、黄金の井戸があります。
この井戸は、弘法大師が、水不足の時にご自分で掘り当てたものだそうです。
言い伝えでは、この井戸の水に顔が映れば長寿で、
映らなければ、早死にしてしまうといわれているそうです。
このお水を飲むと長生きできるそうですよ。

ちなみに私は見ませんでしたし、
お水もいただきませんでした。^^
仏さまがご存知でしょうからね。

2008_09sikoku3_02.JPG



この三番札所から車で10分くらい走ったところに
町営の温泉がありました。
onsen.JPG

旅の疲れをとるには最適な温泉です。
入浴料も安く、屋外にも露天があり、うたせ湯もありと
一日の疲れを癒すにはもってこいの温泉でした。

去年も今年もお世話になりましたm__m



ブログランキングに参加しています。
応援していただける方方はポチをお願いします。

88banner_02.gif
人気ブログランキングへ


徳島県の札所・一番札所〜二十三番札所・旅日記

二番札所・極楽寺(ごくらくじ)

二番札所・日照山 極楽寺(ごくらくじ)

sikoku02_1

住所・・・鳴門市大麻町檜段の上12

【ご本尊】阿弥陀如来
【ご真言】おんあみりたていせいからうん
【ご詠歌】極楽の弥陀の浄土へ行きたくば、南無阿弥陀仏、口にせよ


(一番札所から約1km)
一番札所から車で三分もかからない場所にあります。

長寿杉といわれる樹齢千年の大杉があります。
sikoku02

三番札所金泉寺までは約2.5km程あります。
二番札所から近いです。

この日、二番札所に着いたのはもう夕暮れ時でした。
そのため、納経所が閉まっており、納経朱印をいただくことが
できませんでした。
88ヶ所霊場は一度の礼拝で終るものでもなく、
自分の気持ちの問題もありますので、
またここも訪れることとなるでしょう。


ブログランキングに参加しています。
応援していただける方方はポチをお願いします。

88banner_02.gif
人気ブログランキングへ



高知県の札所・二十四番札所〜三十九番札所・旅日記

二十四番札所・最御崎寺(ほつみさきじ)

二十四番札所室戸山 最御崎寺(ほつみさきじ)
(東寺)


住所・・・室戸市室戸岬町4058-1

【本尊】虚空蔵菩薩
【真言】なうぼうあきやしや きやらばや 
    おんありきや まりぼり そわか
【詠歌】明星の出ぬる方の東寺 暗き迷いは などかあらまじ

室戸岬の頂上近くにあります。
駐車場は大型のバス用と小型車用がありました。
大型のバスがとめられる駐車場だと、きつい坂や階段を
登る事なく、お参りできます。
個人的には、坂道を登りながら心清めて歩いて登ったことで
感慨深いものがございました。
ただでさえ車で回っていますので、歩かなくてはと思いましたしネ。

sikoku24

室戸岬の展望台にも登りましたし、道路を渡って
岬にも行きました。
とても美しい海でした。


ブログランキングに参加しています。
応援していただける方方はポチをお願いします。

88banner_02.gif
人気ブログランキングへ

お遍路頑張れポチよろしくお願いしますU__U
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

日記

弘法大師さまと2人

お遍路をはじめてみると、
"同行二人"という文字の入ったバッグや
服の後ろに文字が入ったものなど
数多くみかけました。

これは、
お遍路は、一人で歩いていても、常に弘法大師様がお側におり、
お守りをされているとこのことです。

弘法大師様は今でも姿なくとも、四国の88の霊場を巡って
おられるといわれております。
もしかしたら、どこかの霊場弘法大師様に会うかもしれませんね。

88ヶ所の霊場のほかに"番外札所"と呼ばれている
弘法大師様ゆかりの地や社寺があるともいわれています。

88ヶ所まわって、さらに、そういうありがたい社寺も
回ってみたいと思っています。

(基本の装備)
・菅笠(日除け)

・金剛杖(杖には弘法大師さまが宿るといわれております。
また、橋の上では杖をつかない約束がございます。)

・白衣(はくえ、びゃくえ、と呼ばれている白い道中衣です。
道中衣と判衣がありますが、判衣は御法印をいただくもので一般には
着ないものだそうです。)

・判袈裟・輪袈裟(仏事や巡礼の最の略礼装で肩からかけます。
食事、お手洗いの時は必ずはずしましょう。)

・お念珠(左手にもちます。)

・納札(おさめふだ、のうさつと呼ばれています。
格礼所の本堂または太師堂の納札箱に納めます。
接待を受けた際には差し上げましょう。)

・納経帳(格札所で黒書と御朱印をいただきます。)

・経本(四国霊場専用の経本です。
般若しんきょう、ご本尊真言、光明真言などが書かれています。)

・御影帳(納経した際に頂く御影【お札】を入れておきます。)

・持鈴(読経の際、節ごとに振るものです。)

・遍拝バッグ(お線香や納経帳など色々なものを入れます。)

まだまだ私はこういうものをそろえておりません。
88か所の霊場を回りきるのに、
3年、いや、もしかしたら10年かかるかもしれません。

少しずつ、そろえていってもよいのではないかと
考えています。
自ら生きたいと願った時に行くことが一番大切かと思います。
義務のように感じてしまっては、
礼拝する意味をなくしてしまいます。



ブログランキングに参加しています。
応援していただける方方はポチをお願いします。

88banner_02.gif
人気ブログランキングへ




日記

四国霊場八十八箇所の旅へ

四国霊場を礼拝される方の思いは色々だと思います。

私ごとながら、
以前から四国八十八箇所の霊場を礼拝したいと
思っておりました。
人生も半ばを過ぎましたが、
これまでの人生は他人に言えないほどに
苦しいものでございました。

私の場合はよいことがありますようにと願いたい訳ではなく、
心の浄化と申しましょうか、
ぽろりと落ちた
握り飯についた砂を落としたいというか、
うまく表現できないのですが、
とにかく行きたいという思いが続いておりました。

行くならば夫や家族である動物達も一緒にと思って
おりました。

ようやく、昨年動物達も一緒に回れるようにと
車を買い替えました。

sikoku00

一年にそう何度も四国まで行ける訳ではございませんが、
去年に続き、今年もまた行ければと思っています。

八十八箇所の下調べなどしたり、行った霊場の話など
書いていきたいと思います。


ブログランキングに参加しています。
応援していただける方方はポチをお願いします。

88banner_02.gif
人気ブログランキングへ

お遍路頑張れポチよろしくお願いしますU__U
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

<<前の10件  1 2  


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。